トイレのタンクから水漏れが

掃除をしているとき、あるいはふと便所の床を見たときにフロアが濡れていたという経験はありませんか。なぜ濡れてしまうのか、原因はいくつかありますが、トイレタンクから水漏れしているケースは結構あります。

■ホースの問題で漏れることも

トイレタンクの容器を見て、水滴が付着していたり、水の流れたような形跡があれば、ホースの問題の可能性が考えられます。手洗い器のホースのところが劣化してしまって、穴が開いていたり、亀裂が発生していたりすると、そこから水が漏れ出ていることがあります。
また、手洗い管とジャバラホースは本来つながっていますが、この両者が時間の経過などいろいろな要因で外れてしまい、そこから水が出てしまってタンクの中からあふれ出してくることもあります。

■オーバーフロー管のトラブルかも

トイレタンクにはオーバーフロー管というものが取り付けられています。この部分に異常が発生すると水漏れの起きるリスクが高まります。オーバーフロー管は排水に大きくかかわるアイテムなので、水の排出がスムーズにいかなくなります。しかし給水管から水はどんどん供給されますから行き場のなくなったお水が、本体からあふれ出してしまうわけです。


■まとめ
最近の住宅やビルを見てみると、タンクレストイレも出てきています。文字通りタンクのついていないタイプのトイレのことです。しかし中古などの築年数がそれなりに経過している物件であれば、タンクの取り付けられたタイプが主流でしょう。もし水漏れが起きているのなら、この部分で問題が起きていないか一回チェックするといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ