トイレの接続部分からの水漏れ

トイレで水漏れを起こしていると、日常生活を送る上で欠かせないものであるだけに不安になります。原因はいくつか候補があげられますが、結構多いパターンといわれているのが給水管の接続部分で起こる水のトラブルです。

■給水パイプの構造について紹介

トイレの給水パイプですが、配管が便所の壁から出てきて、そこに止水栓が取り付けられています。そしてタンクへとつながっていますが、通常パイプはナットなどで固定されています。このナットの部分が緩んでしまっていると、そこから水洗するたびに水漏れの起きる可能性があります。
もし水漏れの量がさほどひどくないようであれば、その漏れの発生しているところに融着テープを巻き付けることで応急処置が可能です。融着テープはホームセンターなどで販売されているので、近所のお店で探してみるといいでしょう。目安はナットの2cm上下の部分を重点的に何重にも巻き付けることです。

■パイプにひびが入っている場合は注意

上で紹介したナットのゆるみなどの問題であれば、チョロチョロ漏れ出す程度であることが多いです。しかしパイプそのものにひびが入っている場合、時に水が噴き出すこともあります。こうなってしまうと自分ではどうすることもできないので、速やかに修理業者に連絡して、相談することをおすすめします。


■まとめ
接続部分に問題の発生しているトイレの水漏れの場合、テープを巻き付けるなどの処置をすることによって、応急処置をすることは可能です。少なくともこれ以上の流出を防げるのは確かですが、あくまでも応急処置ですから、手の空いているときに業者を呼んで、適切な処置を施しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ