トイレのパイプの水漏れ

トイレには止水栓があって、そこに便器やタンクがあり、その両者の間をパイプが結んでいて水が流れる仕組みになっています。このパイプに何らかの問題があると水漏れの起きる可能性があります。その原因を探っていくと、いくつか要因があります。

■ボルトやナットのゆるみ

給水管のつなぎ目のところにボルトやナットが使われています。最初の段階はきっちりしまっているのですが、それが時間の経過とともにだんだん緩んでいきます。その結果、そこから水がしみ出してしまうことがあります。この場合、モンキーレンチなどの工具が自宅にあれば緩んでいる個所を締めなおします。この程度の作業であれば、専門知識を持っていない素人でもセルフリペアできるでしょう。

■パッキンの経年劣化

パイプにはパッキンが使われています。このパッキンはゴム製なので、時間の経過とともに劣化しやすくなります。ひび割れが起こったりして、そこから水が出てきてしまうことがあるのです。もしこのようなパッキンの劣化であれば、部品を新しいものと交換しなければなりません。ホームセンターでも販売されているので自分で交換することも可能です。ただし自信がなければ、業者に連絡するのが無難です。

■まとめ
トイレ 水漏れでポタポタ垂れるような状況であれば、自分で対応しながら少し様子を見るのもいいかもしれません。しかし結構床が濡れるようなひどいレベルであれば、すぐに止水栓を閉めて業者を呼んで修理を依頼したほうがいいでしょう。栓を閉めてしまえば、これ以上漏れの範囲が拡大することはありません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ