トイレの便器の水漏れ

トイレの水漏れでパイプなど配管を確認しているけれどもどうも濡れていない、でも便器が濡れていて冷たい…このような症状を経験したことはありませんか。この場合、便器に何らかの異常が発生していて、その結果水漏れが起きている可能性を疑った方がいいでしょう。

■本体ではなく接続部が濡れていませんか

便器が濡れているといっても、本体ではなく接続部分が原因の場合もあります。もしそうであれば、接続部分に取り付けられているバルブやナットが徐々に緩んできた結果水漏れを起こしている可能性が高いです。状態を確認して、専用の工具を使ってバルブやナットを締めなおしてみると改善することがあります。
その他にはただ単に結露が発生していたからということもあり得ます。汗をかいたように便器に水滴がついている場合、水漏れではなく結露の可能性も疑ってかかった方がいいでしょう。結露が原因であれば、トイレの温度差をできるだけなくすように心がけるのがおすすめです。

■便器が損傷した水漏れ

レアケースかもしれませんが、便器の損傷によってそこから水がしみ出していることも考えられます。便器にひび割れなどが起きていると、さすがに自分たちで何とかするのは難しいので、専門業者を呼んで、プロに状況を見てもらうことです。



■まとめ
便器は長年同じものを使い続けていると、どうしても劣化してひび割れが起こりやすくなります。その場合には修理のほかに新しいものと交換する選択肢も浮上します。業者を呼んで、アドバイスを聞きながらどう対処するか考えましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ