トイレの水漏れの種類を紹介

トイレの水漏れの種類を紹介 トイレは毎日何度も使うものですから、もし問題が起きて使えなくなると、不便な生活を強いられることになってしまいます。いつも通りに使っているのに水漏れが起きているということもあるのではないでしょうか。トイレで漏れが発生するのにはいくつかパターンがあります。その代表的な原因について見ていきます。





■パイプが問題で起きる

まず主な理由としては、パイプに何らかの不具合が生じているパターンがあります。給排水管にはパッキンなどゴム製のものが使われています。長年使用していることによって、この部分の劣化が進み、ひび割れが起きる可能性があります。また、時間の経過とともに結合部分にゆるみが生じてしまって、そこから少しずつ水がしみ出す恐れもありますから注意しましょう。
このように、パイプに不具合が生じると、水漏れで床を濡らしてしまうこともあります。パイプを伝って床が水浸しになってしまうので注意が必要です。ただしシーズンによっては結露が発生して、フロアを濡らす可能性もあります。この場合には換気をして、トイレ内外の温度差をなくせば問題解決できる可能性も出てきます。厄介なのは、床下にある排水管が破損することによって、このように床が濡れることもあります。そうなると床板をはがして修理をすることになり、大がかりになるので、費用も時間もかかることになってしまいます。

■タンクからの漏れにも注意
大概のトイレには水を一時的にためておくためのタンクが用意されていますが、このタンクから水漏れが発生している可能性があります。これはふたと本体との隙間から漏れ出していることが多いです。簡単に言うと、容器の中に水が納まりきらなくなるからです。水道管から水が出るペースが速すぎるかもしれないので、バルブを調整するのがおすすめです。
そのほかにはタンクは給排水管とつながっています。このつなぎ目などが劣化すると、そこから水が漏れだすこともありますから、接続部分がひどく濡れていないかどうか確認することです。

■便器で問題が起きている可能性も

今使っている便器ですが、交換することなく長く使用し続けているのであれば、その劣化が原因で水漏れを起こしている可能性があります。一見何の問題が起きていないように見えるかもしれませんが、細かく見るとひび割れていて、そこから水がしみ出していることもあります。便器は陶器ですから、長年使っていると食器と同じようにひび割れや破損が起きる可能性は高まります。
近年の住宅を見ると、一般家庭でも温水洗浄便座を使っているケースも多いです。トイレの水漏れの原因を探ってみると、この温水洗浄便座が問題だったということもあります。ボタン一つ押せば、おしりなどをきれいにしてくれる設備ですから、どうしても長く使っていると故障などの不具合が発生しやすいわけです。精密機器の本体が壊れていると、新しいものに買い替える必要がでてきます。またパイプを引っ張っているので、その継ぎ目やパイプそのものの劣化で水漏れが起きていたということもあります。

■まとめ
このように便所で水漏れが起きているといっても、問題の起きている場所や要因はいろいろです。もしちろちろ少しずつ漏れ出しているようであれば、どこでトラブルが発生しているのかチェックしましょう。そしてその部分が特定できれば、タオルなど当て布をしてこれ以上フロアや周辺が濡れないようにします。結構出ていて床がびしょぬれになっている場合には止水栓を閉めることです。
またマンションの場合は、階下に迷惑をかける可能性があるので、元栓を止めた方がいいでしょう。そして速やかに業者に連絡して、修理を依頼します。自分でできる修理もあるかもしれませんが、逆に症状が悪化することもあるのでそのリスクを理解したうえで行いましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース